スポンサードリンク

心臓突然死対策には心臓マッサージ

日本では1年間に6万人が、心臓突然死で亡くなっています。突然心臓が止まった人に行う心肺蘇生について、心肺蘇生のガイドラインでは、胸の真ん中を強く押して、血液の循環を維持する「心臓マッサージ」のほか、可能であれば、口から空気を吹き込む「人工呼吸」を行うことが求められていました。



ところが、突然心臓が止まった人に行う心肺蘇生について、人工呼吸と心臓マッサージを併用するよりも、心臓マッサージだけを行うほうが、救命率が高くなるという分析結果を、日本循環器学会がまとめました。



日本循環器学会は、平成21年までの5年間に、誰かの前で倒れて心肺蘇生が行われ、さらに電気ショックで心臓の動きを元に戻すAEDが使われたケース、1376例について詳しく分析しました。



その結果、心肺蘇生で人工呼吸と心臓マッサージが併用されたケースは63%あり、心臓マッサージだけが行われたケースは37%でした。



しかし、1か月後に社会復帰できた人の割合は、人工呼吸と心臓マッサージが併用されたケースは33%だったのに対し、心臓マッサージだけが行われたケースは41%で、心臓マッサージだけのほうが救命率が高いことが分かりました。



これは、人工呼吸をしている間は心臓マッサージができないことから、血液の循環が中断されることが原因として考えられています。



従来の心肺蘇生のガイドラインでは、人工呼吸を行う間隔は胸骨圧迫30回毎に2回が目安とされ、このための胸骨圧迫の中断は10秒以内とするとされてきました。



分析を行った京都大学健康科学センターの石見拓講師は、「人工呼吸を行わない、心臓マッサージだけの心肺蘇生とAEDの電気ショックという組み合わせが、最も心停止になった人を救える可能性が高い。心臓マッサージとAEDを使った措置を行う人が増えれば、救命率はもっと上がると思う」と話しています。



ただし、小児や乳児は窒息の場合いが多く、溺水の場合と合わせて人工呼吸を優先したほうが良いようです。さらに、胸骨圧迫のテンポは、「100回/分程度」とされていましたが、「100回/分以上」(5秒の間に8回以上)が推奨されているようです。

スポンサードリンク



「本屋では手に入らない」石原博光の不動産投資最新ノウハウ集ダウンロード版 あのカリスマ不動産投資家「恵比寿のIこと石原博光」が一般書籍では語れなかった、過激すぎる不動産投資法を遂に公開!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。